« .htaccessのリダイレクトをMTで半自動作成する方法 | メイン | ダイナミックパブリッシング化 »

MovableTypeの階層をSEOに最適化する

MovableTypeではデフォルトで階層が

・メインのindexページ・・・http://あたなのサイト/

・カテゴリーページ・・・http://あたなのサイト/カテゴリのディレクトリ/

・日付ページ・・・http://あたなのサイト/年/月/

・各エントリーページ・・・http://あたなのサイト/年/月/エントリー名.html

となっています。

しかし、これはSEO的には階層が深くすごく不利です。なぜエントリーが日付の中に格納されてしまうのか。これでは日記ツールです。

弊社では徹底的に簡素化したディレクトリ構成に変更しています。ディレクトリ構成を実際のサイトマップを意識して組み立てるとSEO的に有利です。具体的な変更点は以下です。

・メインのindexページ・・・もちろん変更なし

・カテゴリーページ・・・これも変更なしでOK

・日付ページ・・・不要なので削除

・各エントリーページ・・・http://あたなのサイト/カテゴリーのディレクトリ/日付+エントリー名.php

大きく変えたのは各エントリーページだけ。サイトを閲覧していても、それぞれの記事はカテゴリー別に分類され、日付別で分類されるわけでないので、こちらのほうが自然です。エントリーのファイル名ですが、デフォルトのみでもよいのですが、ソーティンングのために年月+エントリー名.phpとなるようにしています。例えば0909mt_2.phpといった具合です。やはりエントリー名が入っていた方がSEO効果は高くなります。

その他、各エントリーがカテゴリー内に保存されるメリットとしては、同じジャンルのエントリーが集まるとカテゴリーの評価も高まり、それらのカテゴリが集まったトップページも評価されます。

しかし、ある程度の規模のサイトでこれを実践すると各エントリーのアドレスが変わってしまうという致命的なデメリットがあります。そこで役立つのが.htaccessのリダイレクトをMTで半自動作成する方法で紹介した手法です。MTタグで日付を自動生成させるなど多少応用テクニックが必要ですが、これでリダイレクトさせればSEO的に問題ありません。弊社もエントリーの数が150程度になってからこの対策を行ったのですが、特に順位変動無くスムーズに移行完了しました。