« ダイナミックパブリッシング化 | メイン | 960 Grid System »

ダイナミック・パブリッシングについての考察

通常、ダイナミック・パブリッシングならWordPress。静的出力ならMovableTypeと思われています。しかしMovableTypeでも標準のダイナミック・パブリッシング以外の方法で比較的気軽にダイナミック・パブリッシング化が可能です。詳しくはダイナミックパブリッシング化に記載しております。

弊社では本ブログと社内ブログ、プロジェクト管理システムで「Perl版ダイナミック・パブリッシング」を利用しています。理由は、各エントリーページを参照することは、ほとんどなくサーバーのディスクスペースが勿体ないので圧縮するためです。しかし多数の方がアクセスするオフィシャルホームページはすべて静的出力にしています。

その理由は、なるべく多くの方に見て頂きたいサイトであれば、少しでも訪問者のアクセスビリティを良くしたほうがよいからです。ダイナミック・パブリッシングでは表示が重たくなります。同時訪問者が多いほどその傾向は顕著となり、リソース制限が厳しいサーバーだとエラーの原因にもなります。

本サイトのように個人の備忘録的なサイトであれば特に気にする必要はないと思いますが、オフィシャルなページなら、エラーで表示されないなどあってはならないことです。

結論として、アクセスの高速化のためには静的出力。そのためにはWordPressでなくMovableTypeがよい、と言えます。